Information
お知らせ・ブログ

おすすめダイエット方法

低糖質ダイエットについて②

投稿日:

低糖質ダイエットに関して、私自身の実体験に基づく考察2回目。
(1回目の考察についてはこちらを。)

過去に実践した低糖質系の食事コントロール方法、
①主食(ご飯、パン、麺類)なし、野菜なし、たんぱく質中心の食事(たんぱく質の調理方法に制限はなし)
②主食なし、野菜(いも類以外)あり、たんぱく質は①と同様
③主食の量を抑える、他の食事制限はなし

の②、③についてです。


・空腹感なし
・食事での満足感なし
・①の時ほどではないがスムーズな体重減少
・便秘ぎみになった
・身体のしんどさがややあり

○空腹感は無いものの、食事での頑張りほどの体重減少がみられない上に便秘気味になる。中途半端な結果になりました。、


・食に関するストレスはなし
・最初の1週間で2kg程度体重減少
・以後は増減しながらのなだらかな体重減少
・身体への負担度はなし
・食事に対する気の緩みが出やすい

○食事のストレスは少ないものの、やはり体重の減少速度が遅い。が、食生活の見直しができ、かつ、長く続けられる方法。

①や②では食事を戻した後も1ヶ月くらいは、体重、身体のラインを維持できていましたが、③は食事を戻すと1週間で程度で身体の弛みを感じました。
しかし、炭水化物をカットしての食事では体重コントロールの効果は高くても、身体への負担の高さがついてきます。

実際にスタジオにお越しのお客様も、③の食事コントロールで身体が変わっています。

毎日の生活の中で、食事の楽しみは大きいものです。
色々制限をかけるのではなく、目標に向け今の食生活をどう調節していくかが大切だと思います。

-おすすめダイエット方法

関連記事

食べ順

始めやすいダイエット。食べ順ダイエットの紹介です。 食事の初めに味噌汁や野菜スープを摂ることで空腹感を和らげ、代謝を上げます。 気温も暑くなってきましたが、こんな時こそ暖かいものを身体に入れて冷え対策 …

記録をつける

毎晩、飼い猫と格闘中のプライベートスタジオminatoの福永暁です。 先日のブログにて、記録をとることが大切だとお伝えしました。 今回は何故大切なのかを、お届けします。 記録をつける事で思い当たると言 …

no image

ウエストにお悩みの方

靴下を履くとき。 ズボンを履くとき。 身体を屈めたとき。 お腹が邪魔だと感じたことはないですか。 体重1kgに対し、ウエスト1cmと言われています。 私も2kgの体重変化でウエストの変化を実感し、 こ …

必要摂取カロリー

皆さんはご自分の身体は、一日にどのくらいのカロリーが必要で、必要量より少ないのか、カロリーを摂り過ぎているのかご存じですか。 一日の必要摂取カロリーは計算できます。 身長から計算する方法と基礎代謝量、 …

食事のタイミング

食事のタイミングと言えば?と質問を投げ掛ければ、 当然、朝昼夜!といった答えが返ってきそうです…が… そのタイミング、本当にお腹は空いていますか? 「時間が来たから食べる」を、「お腹が空いたから食べる …

サイト内検索

2020年8月
           
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
×
13
×
14
×
15
×
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
         
2020年7月