Information
お知らせ・ブログ

おすすめトレーニング方法

ラットプルダウン~背中のエクササイズ~

投稿日:

こんにちは。
プライベートスタジオminatoの福永暁です。

先日、お客様からご質問ををいただきました。

前に引く(フロント)ラットプルダウンと、
後ろに引く(ビハインドネク)ラットプルダウンと、どう違うのか?
ラットプルダウンとはこんな種目で、ちなみにこれはフロント。

DSC_0354DSC_0359

ビハインドネックはこれ。

DSC_0364DSC_0361

基本的に前と後ろでは肩周りの動き、使用される筋肉が変わってきます。

フロント
・肩関節の内転と言う動きが強調
・肩甲骨が下がりやすい(下方回旋しやすい)
・背中の幅を作るトレーニングになる
・トレーニングに慣れてきている方、肩関節が固めの方にオススメ

ビハインドネック
・肩関節の伸展が入る
・肩甲骨が内側に寄る(内転方向に動く)
・背中の厚みを作るトレーニングになる
・トレーニング初期段階の方にオススメ

特徴はそれぞれですが、共に背中にはいい刺激が入るります。
背中をたくましく見せたり、背中のラインを綺麗に見せる。ダイエット、と言うと選択されやすい種目ですね。
また、肩凝り改善や、上肢の機能改善にも効果的ですよ。

-おすすめトレーニング方法

関連記事

頚反射

腕や脚は顔の向きにより、曲げやすい、伸ばしやすいが変わってきます。 顔が向いた側の腕と脚は伸ばしやすく、 顔の向きと反対側の腕と脚は曲げやすくなります。 トレーニング中、動き確認の為横を向きながら重り …

no image

意識と動き

ブログのネタを考えるだけで、アップすることが後回しになっていた、プライベートスタジオminatoの福永暁です。すみません(>_

トレーニング中の呼吸

暑い日が続いていますが皆さん体調はいかがでしょうか? カラダを納得いくまでケアしていたら、1時間半たっていることに気が付かなかった、プライベートスタジオminatoの福永暁です。 トレーニングセッショ …

W-up

これは教科書の話ではなく体験上の、 ウォーミングアップが大切と言う話。 時間短縮にと思い、ストレッチもそこそこ、メインのトレーニング前に扱う重量もざっくり。 だと、 ・関節、筋肉へのダメージが大きい …

今日のトレーニング

120kg×8回 初の達成!、、、かと思いきや、トレーニングカルテを見直すと去年の4月にも挙げてました(汗)

サイト内検索

2020年10月
       
1
2
×
3
×
4
5
×
6
7
×
8
9
10
11
×
12
13
14
15
16
17
×
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年9月