Information
お知らせ・ブログ

おすすめトレーニング方法

トレーニング中の呼吸

投稿日:

暑い日が続いていますが皆さん体調はいかがでしょうか?
カラダを納得いくまでケアしていたら、1時間半たっていることに気が付かなかった、プライベートスタジオminatoの福永暁です。

トレーニングセッション中、お客様からよく出る質問の1つをご紹介します。
“どのタイミングで呼吸をするの?”
※この時の呼吸とは、ある種目を行っている時、反復する際の呼吸方法

このネタだけでお話ししたいことは沢山ありますが、ポイントをぐっと絞ってお伝えします。
呼吸の方法は順に以下の通りです。

①力を入れる時に息をはき吐き、元にも戻る時に吸う
例)スクワット
スタートポジション
DSC_0366
吐いて立ち上がる(力を入れる)
DSC_0367
吸っておろす(元にも戻る)
DSC_0366
②背中の種目のように、力を入れると胸が張れる種目では、力を入れる時に息を吸い、元にも戻る時に吐く
例)ラットプルダウン
スタートポジション
吸っておろす(力を入れる)
DSC_0353
吐いてあがる(元にも戻る)
DSC_0355
③四肢を広げるような種目の時は、やり易い方法で行う(個人的には力を入れる時に吸う方がおおすすめです)

呼吸をコントロールするだけで、力の入り具合、動きそのものも変わってきたりします。
以外と侮れないです。

トレーニングではタイミングだけではなく、呼吸方法そのものが大切だったりもします。
腹式呼吸、胸式呼吸などなど。
これらはまたの機会にご紹介しますね。

-おすすめトレーニング方法

関連記事

足上げベンチ110k×6回

本日のトレーニング。 ベンチプレス 115kg×8回×3セット ベンチプレス(止めあり) 115kg×4回 ベンチプレス(足上げ) 110kg×6回 最近、足上げを必ず行うようにしだしてから好調です。 …

今日のトレーニング

120kg×8回 初の達成!、、、かと思いきや、トレーニングカルテを見直すと去年の4月にも挙げてました(汗)

やる気を戻すために

なかなかトレーニングに気が向かない。 気持ちがのっているときは、30分でも時間をつくってウェイトにむかっているはずなのに。 その様な時の私の対処法。 ・とにかく何もしない→その内、危機感から動き出す …

新しいツール

ベンチプレスで自己最高重量でのセットに突入し、肩の前がバキバキにはっている、プライベートスタジオminatoの福永暁です。 身体は使った分だけケアが必要だと痛感しております(+_+) 半分はこんな自分 …

W-up

これは教科書の話ではなく体験上の、 ウォーミングアップが大切と言う話。 時間短縮にと思い、ストレッチもそこそこ、メインのトレーニング前に扱う重量もざっくり。 だと、 ・関節、筋肉へのダメージが大きい …

サイト内検索

2021年4月
       
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
×
15
×
16
×
17
×
18
19
×
20
21
22
×
23
24
×
25
26
27
28
29
30
 
2021年3月